fbpx

オールインワンゲルで肌荒れする理由3選と裏話!回避する選び方とは?

オールインワンゲル 肌荒れ

「オールインワンゲルで肌荒れするのはなんで?」と感じている方もいると思います。

肌荒れするからには理由があるのですが、販売会社のプロモーションや業界の意図的な仕組みによって本来の理由とは違った理由を肌荒れと認識して、再び商品選びに失敗するケースも多くなっています。

再び自分に合わないゲルを選ばないように肌荒れのウソホントや肌荒れする本当の理由や誰も知らない裏話と合わせて肌荒れするオールインワンゲルを避けるために抑えておきたいポイントをお伝えしていきます。

オールインワンゲルと肌荒れのウソホント

オールインワンゲル 肌荒れ

ここでは化粧品を判断する際にありがちな間違いをお伝えしていきます。正しい知識をつけて間違った化粧品を選んだ肌を痛めるリスクを抑えましょう。

合成が危険、天然が安全はウソ

よく合成=危険というイメージを持っている人がいますが、それはウソです。合成されている成分でも試験で安全が確認されているものは多数あります。

天然由来の方が安全と考えている人もいるかもしれませんが、天然由来ももともと自然に存在するだけで化粧品には合成で作られたものが使われているケースも多いんです。

無添加や○○フリーが安全はウソ

無添加のオールインワンゲル=肌にいいと考えがちですが、必ずしも安全ではありません。無添加や○○フリーと書いてあるにも関わらず、それ以外で刺激になる成分が入っているケースもあるからです。

そのため、『無添加』だけで安全とは限りません。

界面活性剤が悪いの基本的にウソだけど一部はホント

界面活性剤=危険というイメージを持っている人も多いと思います。ただ、最近ではお肌の刺激にほぼならない天然由来のものや非イオン、両性の界面活性剤が使われていることがほとんどです。

また、刺激になる可能性のある陽イオンや陰イオンのものでも刺激性に関する試験をしているものも多いです。

ただ、界面活性剤の中でも避けた方がいいものがあります。それは石油系の合成界面活性剤です。界面活性剤はイオンの分類以外にも天然由来や石油由来といった原料での分類がありますが、石油系の界面活性剤は肌に残りやすい性質があり負担になるため避けた方が無難と言えます。

ポリマーが悪いのはウソ

ポリマー=悪といった風潮もありますよね。「お肌に蓋をしてしまうから肌呼吸ができない」という話もありますが、そもそも肌は呼吸をしていません。完全にイメージ戦略と言えるでしょう。

もちろん、保水成分はちょっとだけ、それを多数の合成ポリマーを使って蒸発させないようにしているような化粧品はベタつきが凄く使用感がよくないと経験上感じています。

また、そのような化粧品は肌本来の保水力をあげてくれることになりません。ポリマー自体が悪いのではなく化粧品への配合量の問題だと言えます。

防腐剤・パラベンが悪いのウソ

「パラベンは旧表示指定成分だし老化を早めるから危険!」と考えている人もいるかもしれません。しかし、パラベンは化粧品研究者の中では安全性が高く少ししか使わなくても防腐効果に優れている成分であることがわかっています。

旧表示指定成分は1980年に厚生労働省が制定したごくまれにアレルギーを起こす可能性がある103種類の成分は、全成分表示が義務付けられる前のものです。何十年も前に制定されたものであり、技術も進歩して安全性が確率されているにも関わらずイメージ戦略の一貫でパラベンフリーが使われているということなんです。

オールインワンゲルで肌荒れする3つの理由

オールインワンゲル 肌荒れ続いて肌荒れする3つの理由をお伝えします。

そもそものバリア機能が弱っている

肌はバリア機能が働いていれば刺激に対抗力がある状態なので、肌荒れすることは基本的にありません。

ストレスや栄養不足、睡眠不足によって肌の保湿力が失われて、バリア機能が弱まったことで本来であれば刺激に感じないはずの成分も刺激に感じるようになり肌荒れに繋がっている可能性が考えられます。

オールインワンゲルに刺激になる物質が入っている

また、オールインワンゲル自体に刺激になる物質が入っている可能性があります。例えば、陰イオン界面活性剤やエタノールなどは基本的に刺激になる物質です。

お肌に刺激を与える質の低いオールインワンゲルを使ってしまったばかりにお肌のバリア機能が次第に弱まり肌荒れに至ったというケースです。

オールインワンゲルに感度の高い成分が含まれていた

人によっては刺激にならないケースでも実は自分にとっては相性が悪く刺激に感じるというケースは多く存在します。

例えば、敏感肌の人が注意したいのは植物性のもの。ボタニカルやオーガニック=安全と思われがちですが、残念ながらそんなことはありません。

そもそもオーガニックの明確な定義は化粧品ではありませんし、原液に植物に含まれる外敵に対抗する毒が含まれてしまったり、エキスを抽出する段階で不純物が含まれてる可能性もあるんです。

もちろん植物性の成分ではなくても肌と相性の悪い成分はあるので注意が必要です。

誰も知らない裏話!オールインワンゲルで肌荒れする本当の理由はキャリーオーバーの成分かもしれない

オールインワンゲル 肌荒れ

業界の人でもない一般消費者が知り得ないのが『キャリーオーバー』の成分。

キャリーオーバーとは化粧品は様々な原料から作られますが、原料を安定させたり抽出する目的で使われているものは表記しなくてもいいですよというものです。

つまり、原料を抽出するためにアルコールをたくさん使っていたとしても、その原料にはアルコールとかかれません。

そして、アルコールとかかれていないものの、実はアルコールが含まれていて使ったら肌荒れしてしまったといった出来事が起こるというわけです。

特にバリア機能も問題ないはずなのに、肌荒れしたと感じる人はキャリーオーバーの成分によるものかもしれません。

70個以上使って感じた肌荒れしてしまうオールインワンゲルを可能な限り避ける方法

オールインワンゲル 肌荒れここではできる限り肌荒れを避ける方法をお伝えします。

苦手な成分を覚えておく

やはり人によって相性が悪い成分は存在します。過去に肌荒れしたことがある人は今使って肌荒れしたものを成分を比較してみましょう。おそらく共通するものがあるはずです(ほぼ使われている水やベース剤を除く)。

苦手な成分を覚えておくことで肌にとって相性がいい成分、悪い成分に対する理解が深まってきます。

刺激がある成分や苦手な成分が上位にあるものは避ける

化粧品は1%以上の配合成分は配合量順に表記しないといけません。1%の明確なラインは書いてありませんが、上位に表示されている成分は多く含まれる可能性が高いと言えます。

何個も使った中で驚いたのは、エタノールがかなり上位に表示されているオールインワンゲルがいくつかあったこと。注意が必要と言えるでしょう。

敏感肌の人は植物性成分が多すぎるものは避ける

植物性成分が多いものはいいと感じている人もいるかもしれませんが、先ほどの感度の高い成分のところでもお伝えした通り、たくさん成分が含まれているとそれだけハズレくじを引いてしまう可能性が高まりますので、敏感肌になっている人は避けた方が無難です。

安いゲルは基本買わない

前提として安くてもいいゲルはあります。ただ、安い中からいいゲルを選ぶのは難しいです。

例えば、たくさんのポリマーでお肌を多い保湿しているように見せかけるようなゲルもあれば、グレードの低い原料(原料にはグレードがあります)を使っていて不純物が混じっていてそれが肌荒れの原因になる可能性もあるからです。

高ければ高いほどいいかというとそれもまた別の話ですが、何個も買って試して思うのは3,000円くらいからのものの方が品質が担保されているものが多い印象があります。

開発者や販売会社が信頼できるところを選ぶ

先ほどの話と矛盾すると感じるかもしれませんが、植物性成分が多くても実はしっかり厳選しているところもありますし、安くても信頼できるゲルを作っている会社もあります。

でも消費者からしたら中身の成分のグレードがいいのかやキャリーオーバーの成分がないかはわかりません。

そのため、儲けようと思って化粧品を作っているか、それとも信念を持って化粧品を作っているかそれによって判断するのは大切なことです。

開発者自身の想いがかかれていたり、ドクターが監修しているかは1つの指標と言えるでしょう。

当サイトではランキングやおすすめとして紹介するものは実際に使った使用感はもちろん、信頼感も重視して選んでいます。

肌荒れに優しい無添加ゲルはこちら

まとめ

オールインワンゲルで肌荒れするケースは肌自体が弱っているケースもあれば、オールインワンゲル自体の配合成分が悪かったり、自分にとって相性がよくないものが入っているケースもあり、様々です。

本当に自分にあったオールインワンゲルに重要なのは信頼できる会社が関わっているところを選ぶことです。特にサティス製薬が携わっている商品・メディプラスゲルモイストゲルプラスプラセンタジュレなどは成分もよく品質が高くコンセプトもしっかりしていて使ってみてよかったと感じています。

みなさんにとって信頼できる会社が見つかることを願っています。