fbpx

艶つや習慣とわらびはだを22項目で徹底比較!あなたに合うのはどっち?

艶つや習慣 わらびはだ 比較

「艶つや習慣とわらびはだ、どっちを選ぶのが正解なの?」と感じている方のために5カテゴリー、22項目で徹底比較しました。

  1. 成分
  2. 刺激性毒性
  3. 使用感
  4. 肌質や悩み別
  5. 金額面

この5つのカテゴリーを○×△形式で簡単に比較しながらも、重要な違いは詳細にお伝えしています。

艶つや習慣とわらびはだの個別レビュー記事のリンクも後半にありますので、より詳細に知りたい方はご活用下さい。

艶つや習慣とわらびはだ、どちらがあなたに合うのかご判断の参考になりましたら幸いです。

艶つや習慣とわらびはだの注目成分の比較

成分の比較艶つや習慣わらびはだ
保湿力
ヒアルロン酸
プラセンタエキス
など

ヒアルロン酸
プラセンタエキス
エタノールが多い
美容成分
プラセンタエキス
EGF様作用成分
アスタキサンチン

EGF
コエンザイムQ10
プラセンタエキス

保湿成分は艶つや習慣もあわらびはだもそこまで代わりはありませんが、細かい話をすればわらびはだにはコラーゲンが含まれていますが、艶つや習慣にはありません。

ただ、わらびはだには揮発性(常温で蒸発し周りの水分を奪う)があるエタノールが多く含まれています。

水分を奪いやすいということは乾燥に繋がる可能性も高くなりますので、保湿面ではマイナスです。

艶つや習慣 わらびはだ 比較

わらびはだにはエタノールが多く含まれています。

一方、エタノールは清涼感を与える役割がありますので、暑い沖縄らしいコスメです。お肌を引き締めてくれる役割もあるので、一概に悪ではありません。

美容成分面では艶つや習慣は抗酸化力がコエンザイムQ10の約1000倍とも言われるアスタキサンチンを配合。

わらびはだはお肌の入れ替わりの補助が期待されるEGF(上皮成長因子)を配合。様作用成分は『○○のように働く』という意味でEGF様作用成分よりEGFの方が期待ができます。

ただ、EGFは浸透力を考えるとあまり期待できる成分ではないとの見解もあります。

保湿成分と美容成分まとめ
保湿面では艶つや習慣。

美容成分は抗酸化力で選ぶなら艶つや習慣。EGFに期待したいならわらびはだ。

艶つや習慣とわらびはだの刺激性や毒性の比較

刺激・毒性艶つや習慣わらびはだ
刺激・毒性

艶つや習慣にもエタノールが含まれいますが、配合量としてはわらびはだより少ないです。また、稀に刺激になる可能性があるPGも含まれていますが、こちらも配合が多くはないので、過度に心配するほどではありません。

艶つや習慣 わらびはだ 比較

艶つや習慣にもエタノールは配合されていますが、表記は後ろです。

化粧品(医薬部外品は順不同)の成分表記は配合量が多い順番でならびます(1%以下を除く)。

一方で、わらびはだは抗炎症成分が含まれているもののエタノール以外にも一部の試験で刺激が確認されているブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ココイルサルコシンNaを配合しているため△としています。

最終的にはお肌に合う合わないがありますが、刺激面でみると艶つや習慣の方がおすすめです。

艶つや習慣とわらびはだの使用感などに関する比較

使用感比較艶つや習慣わらびはだ
使いやすさ
ジャータイプ
スパチュラなし

ジャータイプ
スパチュラなし
テクスチャ
少し固め

こってりで
スパチュラに貼りつく
肌馴染み
比較的良好

こってりだけど
人肌でとろける
持続力
高いと感じる

保湿感が落ちるのは早め
使用感
長い時間
覆ってくれる

ベタつきはない
ゲルはこってりだけど
使用感は比較的さっぱり
刺激
違和感

刺激違和感なし

アルコールの清涼感あり
好みがわかれるところ
モロモロあり

使った感覚では艶つや習慣は長い間お肌を覆うように少し重めに設計されていて保湿感が長く続きます。ただ、使用感はさっぱりめです。

一方で、わらびはだはテスクチャーこそこってりですが、清涼感がありつけてみるとさっぱり感が艶つや習慣より強いゲルです。

乾燥肌気味で潤いが欲しい方は艶つや習慣。オイリー肌でさっぱりと使いたい方はわらびはだが合うと実際に使ってみて感じました。

艶つや習慣とわらびはだの肌質やお悩みに関する比較

肌質比較艶つや習慣わらびはだ
乾燥肌
ヒアルロン酸
プラセンタエキス
など

ヒアルロン酸
プラセンタエキス
エタノールが多い
インナー
ドライ
脂性肌
特筆成分なし

さっぱりしている
毛穴
黒ずみ

アスタキサンチン

コエンザイムQ10など
シワ
たるみ

アスタキサンチン
プラセンタエキス
EGF様作用成分

EGF
コエンザイムQ10
プラセンタエキス
美白
シミ

アスタキサンチン
プラセンタエキス
EGF様作用成分

EGF
プラセンタエキス
ニキビ
抗炎症成分

抗炎症成分2つ

お肌のお悩みに関しては成分で考えると艶つや習慣に抗酸化力が強いアスタキサンチンが含まれているので、少し上といったところです。

肝心のポツポツ対策については両者含まれている成分に目立った差はありません。

ただ、ダーンオーバーの乱れが主な原因であることを考えるとバリア機能には保湿力が重要なので、ポツポツ対策には艶つや習慣の方が優れていると感じました。

艶つや習慣とわらびはだの価格・コスパに関する比較

価格比較艶つや習慣わらびはだ
容量
120g

30g×2
初回価格
2,052円(税込)

1,922円(税込)
2回目以降
3,283円(税込)

5,378円(税込)
1gの価格
(2回目以降)

27.3円

89.6円
返金保証
なし

30日
定期の縛り
なし

3ヶ月

わらびはだは、4回〜4,680円。6回〜4,480円。12回〜3,980円(いずれも税抜)と安くなります。

ただ、容量を考えるとコスパでは艶つや習慣の方が優秀です。

わらびはだは定期縛りありですが30日間の返金保証があり、艶つや習慣と比較してお肌に合わないリスクを考えると安心感はあります。

艶つや習慣の口コミや副作用わらびはだの口コミや副作用、それぞれ個別に本音でレビューした記事もありますので、より詳しく知りたい方は合わせてご覧下さい。

まとめ

今までの情報をまとめるとこのようになります。

艶つや習慣が
おすすめ
わらびはだが
おすすめ
比較のお姉さん
乾燥肌である
全身に使う
抗酸化重視
冬も使う
定期縛りは嫌
艶つや習慣にする
比較のお姉さん
脂性肌である
顔が中心
EGF重視
夏に使う
返金保証重視
わらびはだにする