fbpx

Teatea(オールインワン)の口コミ!副作用が過去にあったってホント?

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

Teateaのオールインワンジェルはお茶をメインの素材にした今までになかったタイプのオールインワンジェル。

ただ、お茶系コスメで言えば2010年に悠香の茶のしずく石鹸が全身アレルギーで問題になったことはコスメに詳しい方ならご存知だと思います。

そのため、副作用を心配している方もいるかもしれません。

結論を先にお伝えすると茶のしずく石鹸で問題になった成分は『加水分解コムギ末』でお茶に関する成分ではないので、副作用の問題はないと言えます。

Teateaのオールインワンジェルを使ってみた画像ありの口コミレビューや成分、最安値などこの記事だけで丸わかりの情報をお届けしていきます。

ゲル母

ゲル母
新しいタイプのジェルでした。
ゲル太郎

ゲル太郎
お茶パワーに注目したオールインワンは他にないゲルだね。

Teateaオールインワンジェルの3つの特徴

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用
老舗のお茶屋が選んだ茶エキス
teateaはルイボスティーや緑茶など美容に注目されているお茶のエキスを大胆に配合したオールインワンゲル。今までになかったスキンケアを提供してくれます。

その他の注目成分を見る

滑らかながらベタつかない使用感
安いオールインワンゲルにありがちなポリマー特有のザラザラした感じは皆無で滑らかな使用感と自然な肌馴染みが心地よいスキンケアを実現します。

先によくある質問を見る

30日の返金保証あり&2ヶ月分のコスパ良し
「肌に合わなかったら嫌だな」という心配も30日間の返金保証があるので安心です。2ヶ月使えるのでコスパよく毎日のスキンケアができます。

先に副作用の心配がないか確認する

公式サイトはこちら

Teateaオールインワンジェルがおすすめな方

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用
  1. 滑らかな使用感が好き
  2. 敏感肌ではない
  3. お茶のパワーを体感したい
  4. ハリのある肌を目指したい
  5. 他にはないものを使いたい
  6. 商品の相談ができるところがいい
  7. 自由に解約できるものがいい

teateaは電話でビューティーアドバイザーに商品やスキンケアの相談ができる点、お茶の成分を中心に据えた成分構成など他のオールインワンゲルにはない長所があります。

浸透力や伸びは少しイマイチですが滑らかな使い心地で自然な肌馴染みなので、お肌に自然と馴染むようなオールインワンゲルを求めている方におすすめです。

一方で、刺激面は少し心配な成分があるので敏感肌の方は気になる成分が少ない敏感肌など肌が弱い人も使いやすいオールインワンゲルがおすすめです。

Teateaオールインワンジェルを使ってみた口コミレビュー

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用
teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

teateaの箱の外観です。

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

teateaはお茶の成分がメインのです。

ゲル太郎

ゲル太郎
販売元の株式会社ティーライフは静岡の会社で昭和58年の創業から緑茶を販売する事業を行っています。お茶の会社らしいナチュラルなイメージ、カラーのデザインが素敵ですね。成分はお茶のエキスが中心です。
teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

teateaの容量は80gです。

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

teateaの大きさをiPhoneSEと比較しました。

ゲル太郎

ゲル太郎
80gの容量ですが、大きさはスマホサイズと意外にもコンパクトです。持ち運びの邪魔にはならないので旅先にも持っていけますし、優しくておしゃれなデザインもいいですね。
teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

teateaのテクスチャーを手の甲で試しました。

ゲル母

ゲル母
伸びや浸透している感じはイマイチかしら。お茶の香りは特になし。ただ、全体的には使いやすいゲルだと思うわ。
teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

teateaの使用感を確かめます。

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

teateaの使用感を確かめ中です。

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

teateaを塗る前、後、10分後です。左=水分、右=油分です。

ゲル母

ゲル母
ゲルのイメージ通り自然な着け心地。みずみずしいというよりクリームのような伸びに近いわね。ベタベタもせず、サラッとし過ぎずちょうどいいわ。
ゲル太郎

ゲル太郎
シリコン感がある肌に均等に覆うように伸びるようなテクスチャーだね。ちょっとクリームよりのゲルと表現するのがいいかも。確かに着け心地が自然な感じがいいところだね。変に浸透感がありすぎない。

公式サイトはこちら

Teateaオールインワンジェルの評判!良い口コミ悪い口コミは?

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

悪い口コミ良い口コミ

45歳ゆかこさん

45歳ゆかこさん
お茶を買っていて新しくオールインワンが出るという情報があったので早速買って見ました。ゲル単体で使うより化粧水と一緒に使うといい感じで浸透していきます。
38歳かやさん

38歳かやさん
敏感肌でオールインワンはベタベタするイメージや刺激になるイメージで苦手だったんですが、使ってみてすごいよかったです。全く問題なく使えていますし調子がいいです!

teateaの口コミはもともとお茶を買っていた方が購入しているケースが多く悪い口コミがないのが特徴でした。

ツイッターでの口コミ

ツイッターではteateaの洗顔がよかったという口コミがありました。

インスタでの口コミ

インスタではteateaの口コミはありませんでしたが、ananの2018年5月16日号に掲載されていたことがわかりました。

Teateaオールインワンジェルの口コミからわかるメリットデメリット

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用
デメリット
特にネガティブな口コミはなかったものの成分では刺激面が気になる。また冬は乾燥が気になりそう。
メリット
  1. 敏感肌でも大丈夫だったという声も
  2. 滑らかで自然な使い心地
  3. お茶のファンからの支持あり
  4. ベタベタせずちょうどいい

teateaは刺激面が成分から気になるものの、敏感肌の方が使って大丈夫という声も多く万が一の場合でも30日の返金保証があるのでメリットの方が多いです。

公式サイトはこちら

Teateaオールインワンジェルの評価が丸わかり!15項目○×△でまとめました

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用
保湿成分
サクランなど
美容成分
ビタミンC誘導体など
使いやすさ
チューブタイプで
使いやすい
テクスチャー
滑らかだが
伸びはイマイチ
肌馴染み
浸透している
感覚はイマイチ
持続力
持続感は悪くない
使用感
滑らかに肌を
覆うような使用感
刺激・違和感
乾燥肌
セラミドが欲しい
インナードライ
脂性肌
毛穴・黒ずみ
ビタミンC誘導体など
シワ・たるみ
ビタミンC誘導体
アルジルリン
美白・シミ
ビタミンC誘導体
ニキビ
グリチルリチン酸2K

Teateaオールインワンジェルが最安値で買えるのは?販売店を徹底調査

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

ドラッグストアや薬局

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

teateaをマツキヨ、ウエルシア、くすりの福太郎のツルハグループなどのドラッグストアや薬局で調べましたが販売されていませんでした。


ドラッグストアではありませんが、東急ハンズの北千住店では実演販売をしたことが公式のツイッターでつぶやかれていました。

楽天、アマゾン、ヤフーショッピング

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

teateaはアマゾンでは販売されておらず、楽天とヤフーショッピングでは4,094円でした。

公式

容量80g
定期価格初回2,860円(税込)
2回〜3,684円(税込)
定期の縛りなし
返金保証30日
定期の休止可能
単品購入なし
1日あたりの価格
(初回/2回〜)
95.3円/122.8円
1gあたりの価格
(初回/2回〜)
35.7円/46.0円
備考誕生日は10%引き
定期は2ヶ月毎のお届け

teateaの最安値は公式の定期コースでした。縛りなしで初回は2,860円で購入できるので一番お得に購入できます。

しかもキャンペーンで洗顔フォーム、ふきとり化粧水のサンプルもついてくるのでライン使いもお試しできます。

いつまでキャンペーンが続くのかはわかりませんので、teateaのお茶パワーでより美肌に近づきたい方はぜひ公式サイトをチェックしてみて下さい。

Teateaを最安値て手に入れる

Teateaオールインワンジェルの注目成分の効果を具体的に

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

サクラン

サクランは全成分表記のスイゼンジノリ多糖体のことです。ヒアルロン酸の5倍の保湿力がある保湿成分です。

サクランを配合しているオールインワンゲルではViTAKTが天然セラミド+サクランの組み合わせで心地よい保湿感を実現しています。

アルガンオイル

アルガンオイルは全成分表記のアルガニアスピノサ核油のことです。ビタミンEが豊富でお肌を保護してくれる成分です。

ビタミンC誘導体

全成分表記にあるアスコルビルリン酸NaがビタミンC誘導体です。抗酸化、ターンオーバーへの働きなどが期待され、美容成分としてはメジャーな成分です。

詳細は『ビタミンC誘導体で選ぶおすすめオールインワンゲル5選と選び方』でお伝えしていますので、ビタミンC誘導体が気になる方は合わせてご覧下さい。

アルジルリン

公式サイトではアルジルリンとも表記されていますが、全成分表記ではアセチルヘキサペプチド-8のことです。

シワを筋肉弛緩効果によってハリがある肌のように見せることを目的に配合されることが多い成分です。

3つの特徴に戻る

Teateaオールインワンジェルの副作用は大丈夫か全成分を解析

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用
teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

teateaの全成分です。

水、グリセリン、BGDPGメチルグルセス-10ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンチャ葉エキスルイボスエキス、豆乳発酵液、ドクダミエキス、スイゼンジノリ多糖体、アルガニアスピノサ核油、アセチルヘキサペプチド-8、アスコルビルリン酸Na、ベタイン、グリチルリチン酸2K、オウレンエキス、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、キサンタンガム、トリエチルヘキサノイン、カルボマー、水酸化K、PEG-20ソルビタンココエート(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーエタノールポリアクリルアミド、(C13,14)イソパラフィン、ラウレス-7、メタリン酸Na、エチルヘキシルグリセリン、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニルフェノキシエタノール

こちらがteateaの全成分です。色付けは化粧品毒性判定事典を参考に行なっていますが、判定は極端なのであくまでも参考程度にご覧下さい。

色付き成分を中心にそれぞれ解説をお届けします。

保湿剤、溶剤、防腐剤

BG保湿と防腐性向上。
刺激性や毒性の心配はほぼない。
DPG保湿と防腐性。
基本的に低刺激、毒性もほぼない。
ただ、量が多いと刺激に感じることも。
エタノール揮発性があり、清涼感を与える。
基本的に刺激になる物質。
量が少なければ問題ないものの、
多いと懸念される確率が上がる。
毒性はないことが確認されている。
表記位置からして植物の溶剤。
ブチル
カルバミン酸
ヨウ化
プロピニル
防腐剤。以前は配合が禁止されていたが、
0.02%を上限に配合が平成18年に許可された。
ヒト試験では0.02%で、
刺激性がないことが確認されている。
一方、動物試験では一部刺激性が確認。
毒性は配合上限内なら問題ないとされている。
フェノキシ
エタノール
防腐剤。
基本低刺激で毒性の心配もほぼない。
ただ、バリア機能低下時や、
人によっては刺激に感じることも。
エタノールとは別物。

ポリマー

メチル
グルセス-10
天然保湿因子に構造が似ている。
そのため、保湿効果がある成分。
刺激性はないとされる。
ジフェニル
シロキシ
フェニル
トリメチコン
品質安定やさらっとした感触を与える。
刺激、毒性の心配は基本的にない。
カルボマー代表的な増粘剤。
アルカリと反応して増粘する。
使用歴も長く、
刺激性や毒性の心配はほぼない。
(アクリレーツ/
アクリル酸
アルキル
(C10-30))
クロスポリマー
撥水性がある増粘剤兼乳化剤。
油性成分の安定に役立つ。
高分子のため、
刺激性はほぼないと考えられる。
ポリアクリル
アミド
アクリルアミドがくっついた化合物。
ポリアクリルアミド自体は、
毒性が低いものの。
アクリルアミドは毒性が確認されている。

界面活性剤

PEG-
ソルビタン
ココエート
非イオン界面活性剤。
刺激性はないとされる。
ラウレス-7非イオン界面活性剤。
分子量の小さいラウレス-9では
刺激性のデータがある。
(出典: https://www.chemical-navi.com/PDF4枚目)
ラウレス-7はより分子量が小さいため、
刺激になる可能性がある。

植物成分について

判定ではチャ葉エキス、ルイボスエキス、ドクダミエキスなど植物成分には色がついています。

植物成分=安全なイメージがありますが、エキスを抽出する上でエタノールなどの溶剤を使ったり、植物に含まれる様々な成分に対し肌が刺激を感じるケースもあります。

そのため、相性が分かれる成分です。敏感肌の方は植物成分がなるべく少ないものを選んだ方がおすすめです。teateaは植物エキスは少ない方ではあります。

ポリアクリルアミドの副作用について

パーフェクトワンの記事でもお伝えしていますが、ポリアクリルアミドの原料のグレードが低い場合はモノマーであるアクリルアミドが含まれる可能性があります。

ただ、健康被害の情報はなく、配合が微量であることや化粧品は安全性が重視されるものであることを考えると過度に心配する必要はないと考えられます。

ゲル母

ゲル母
結論としてはどうなのかしら?
ゲル太郎

ゲル太郎
心配な成分は配合量が多いわけじゃないから敏感肌の方でなければ過度に心配する必要はない。

ただ、毒性や刺激性、副作用が心配な成分は全くない方がいいという安全思考の方は『オールインワンゲルを無添加で選ぶのは危険な理由と10個の選ぶポイント』を一度ご覧下さい。より低刺激のオールインワンゲルを選ぶヒントが詰まっています。

3つの特徴に戻る

Teateaオールインワンジェルの効果的な使い方

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用
teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

teateaは使い方が箱の側面に書かれています。

teateaの効果的な使い方
1.洗顔後、適量(1円玉大)を手に取り、顔全体に優しく馴染ませる。

2.仕上げに手のひら全体で顔をつつみこむようにして、美容成分を浸透させる。

こちらがteateaの効果的な使い方です。1円玉大の具体的な大きさも書かれているので、使ってみたときは使い方で迷うことはなかったです。

Teateaオールインワンジェルのよくある質問

teatea オールインワンジェル 口コミ 副作用

脂性肌には合う?

公式サイトにも同じ質問がありますが、使ってみた感触では公式サイトで伝えられている通り、肌質をそこまで選ばず使いやすいテクスチャーだと思います。

ただ、乾燥肌の方にはセラミドが入っているタイプのオールインワンゲルの方がおすすめです。脂性肌向けの他のゲルと比較したい方のための記事もありますので、比較してから決めたい方はご覧下さい。

化粧水などとの併用は問題ない?

オールインワンゲルは基本的に化粧水などの他の化粧品と併用しても問題ありません。teateaの場合は化粧水や拭き取り化粧水との併用が推奨されています。

これ一本で大丈夫?

春〜秋はteatea1本でも大丈夫だと思います。使ってみた感覚では冬は厳しいと思います。

保湿力重視で選びたい方は『最強保湿力オールインワンゲルランキングBest5!70個以上自腹で比較』も合わせてご覧下さい。

3つの特徴に戻る

まとめ

teateaのオールインワンジェルはお茶の成分を中心に保湿力の高いサクランを配合していて滑らかな使用感が特徴的なオールインワンジェルです。

セラミドがないのはマイナスポイントですが、なかなか使われることが少ないアルジルリンが配合されているのでハリ肌を目指したい方は一度試してみる価値があるでしょう。

ただ、配合成分からして敏感肌に傾いている方は刺激に感じる可能性もあります。万が一の場合は30日の返金保証もありますので有効活用しましょう。