fbpx

ドラッグストアの市販オールインワンゲルの騙されない選び方

オールインワンゲル 市販 ドラッグストア

「ドラッグストアに売ってる市販の安いオールインワンゲルでいいやつが欲しい!」と思っていませんか?

ドラッグストアなどの市販のオールインワンゲルは安いのがメリットですが、実は選び方を誤ると肌のダメージになる可能性もあります。

その理由はドラッグストアに売っているような市販のオールインワンゲルは品質の差が激しいからです。

ただ、コツさえしまえば市販で比較的高品質なオールインワンゲルを手にすることも可能なので選び方のコツやおすすめのゲルをお伝えします。

ゲル太郎

ゲル太郎
70個以上オールインワンゲルを比較してきましたが、ドラッグストアなどの(通販ではない)市販品でおすすめできるレベルのゲルは正直少ないです。

騙されない選び方と合わせて、選りすぐりの精鋭たちをご紹介します。

ドラッグストアなどの市販のオールインワンゲルを適当に選ぶと危険なたった1つは品質差

化粧品自体は同じ価格なのに中身の成分に差が現れるのは広告費や人件費、利益率などが商品によって違うからです。

例えば、広告をたくさん使っているオールインワンゲルの価格をイメージにするとこのようになります。

オールインワンゲル コスパ プチプラ 激安 安い

選ばない方がいいのは広告や人件費にお金がかかり過ぎていて、成分に全然お金がかかっていないオールインワンゲルです。

成分に詳しい方であればパッと見てある程度に良し悪しがわかると思いますが、そうじゃない方もいると思います。

そこで、続いてドラッグストアなどで市販のオールインワンゲルを選ぶ際におさえておきたいコツをお伝えします。

ゲル太郎

ゲル太郎
「目利きなんてできない」と感じるかもしれませんが、コツがあるのでご安心下さい。

ドラッグストアなどの市販のオールインワンゲルの正しい選び方

広告や人件費にお金がかかっていなさそうなものを選ぶ

オールインワンゲル コスパ プチプラ 激安 安い

わかりやすい例でお伝えすれば、CMは大きな広告費です。他にも店舗があれば人件費がかかります。

逆に広告費や人件費、パッケージのデザインなどにお金がかからなかればその分良い成分を取り入れることが可能です。

儲かっている企業の方が予算が大きいからいい成分を使えそうに思う方もいるかもしれませんが、70個以上使って必ずしもそうでないと感じています。

例えば、CMや広告にお金をかける場合このようなケースもあります。

オールインワンゲル 市販 ドラッグストア

「可愛いモデルさんが使っているから綺麗になれそう」

このように感じたことがある方も多いと思いますが、その場合本来の実力以上の評価がイメージによって上乗せされている状態と言えます。

キラキラ感からくるトキメキでお買い物する気持ちもわかりますが、広告や人件費にお金がかかっていなさそうなものから選ぶ方が正解に近いと言えます。

セラミド配合のものを選ぶ

細胞間脂質 セラミド 割合 保湿物質

セラミドは水分保持全体の半分近くをになっています。

保湿と言えばヒアルロン酸やコラーゲンをイメージするかもしれませんが、一番重要なものを1つだけ上げるとすれば間違いなくセラミドです。

理由は円グラフをご覧の通り、セラミドは角層(肌の一番上の組織)の水分キープの80%をになう細胞間脂質の40〜50%を占めている最重要成分だからです。

ちなみにドラッグストアに売っているような価格帯でセラミドが入っていることは稀です。

ポリマーが多すぎないものを選ぶ

ポリマーの全てが悪いわけではありません、成分によっては毒性もなく安全性が高いと試験で証明されているものもあります。ただ、多すぎるとベタつく原因になります。

また、ポリマーのときは毒性がなくてもモノマー(ポリマーが分かれている状態)の時には毒性があるものもあります。

例えば、ポリエチレングルコールというポリマーの原料のエチレングルコールというモノマーは毒性を持ち皮膚の刺激になる場合があります。

高品質の原料や成分量が少なければ問題ないケースもありますが、市販の安い化粧品は原料のグレードが低く不純物(モノマー)が混入している可能性もあり注意が必要です。

ゲル太郎

ゲル太郎
選び方のコツは成分にお金がかかってそうなゲルを選ぶことです。

ただ「そんなの知識がないと無理!」と感じる方もいると思います。

そこで本当におすすめできるレベルのゲルだけ紹介します。

70個以上比較してわかったドラッグストアなどの市販のおすすめオールインワンゲル悩み別4選

市販の美白オールインワンゲルなら素肌しずく

素肌しずくリッチ
素肌しずくリッチ 口コミ 成分 解析 オールインワン ニキビ
ヒト型セラミド3種類、ビタミンC誘導体、レチノール、コエンザイムQ10、プラセンタエキスと明らかに市販レベルを超えた保湿美容成分を配合。

美白と抗炎症の有効成分がある薬用化粧品で、メラニン生成を抑えシミやそばかすを防ぐ効果があります。美容成分が多いので年齢肌にもおすすめです。

価格対比の成分は非常に良いのですが、難点はシリコン系成分が多いこと

ベタつきやすい使用感と刺激になるかもしれない成分があるため敏感肌やオイリー肌でなければ選択肢だと思います。

総合力
容量100g
価格2,052円(税込)
備考雑誌LDKランキング1位

他の美白ゲルと比較する

素肌しずくリッチの口コミ・レビュー

販売店はこちら

市販の乾燥肌向けオールインワンゲルならロゼットのセラミドゲル

セラミドゲル
ロゼット セラミドゲル 口コミ 乾燥肌 敏感肌 成分 解析 オールインワンゲル
ヒト型セラミド3種類、セラミドに似ているフィトスフィンゴシンと市販のオールインワンゲルの中でも保湿に優れています。

美容成分には期待できませんが、値段を考えたら市販の中でもかなり優秀な方です。

刺激性に対するスティンギングテスト済ではありますが、刺激になる可能性もあるポリエリレングリコールも含まれているが心配ではあります。

※現在は販売中止のため販売店の在庫がなくなり次第終了となります。

総合力
容量130g
価格2,160円(税込)
備考なし

他の乾燥肌ゲルと比較する

セラミドゲルの口コミ・レビュー

販売店はこちら

市販のオイリー肌向けオールインワンゲルならアカラン

エッセンシャルウォーターゲル
アカラン ジェル 口コミ オールインワン ニキビ跡 ニキビ
アカランは残念ながらセラミドは入っていないものの、特徴的なのはオイルフリーで水溶性成分だけで作られているところ。

70個以上使った中でもオイルフリーなのはアカランくらいです。抗炎症の成分やビタミンC誘導体も入っているのでニキビができやすいオイリー肌に向いています。

また、油性成分を混ぜる必要がないので界面活性剤がなく、ポリマーも最低限しか入っていません。

ただ、保湿力や美容成分が弱いところを考えると若い方向けです。特に皮脂が多くなりがちな10代の方には向いていると思います。

総合力
容量50g
価格1,944円(税込)
備考シリコンなど9つのフリー

他のオイリー肌ゲルと比較する

アカランの口コミ・レビュー

公式サイトはこちら

市販の年齢肌向けオールインワンゲルならドクターシーラボ美白EX

アクアコラーゲンゲル美白EX
ドクターシーラボ 美白 オールインワンゲル 口コミ 成分 解析 使い方
美白の有効成分にL-アスコルビン酸2-グルコシド、トラネキサム酸を配合。抗酸化成分が多くコエンザイムQ10やピクノジェールを配合。

ただ、値段の割にセラミドは擬似セラミド(ヒト型より効果が低い)しか含まれていません。ちょっと惜しいなと感じるところです。

全体的には抗酸化力に優れ、美白成分や抗酸化成分が豊富なので年々悩みが深くなる年齢肌に合っているゲルです。

総合力
容量50g
価格4,320円(税込)
備考なし

他の年齢肌ゲルと比較する

ドクターシーラボ美白の口コミ・レビュー

公式サイトはこちら

まとめ

ドラッグストアなどの市販のオールインワンゲルは品質の差が激しく、おすすめできるものでもどこかしらネックを感じるものが多いのが特徴です。

70個以上肌で確かめ比較してきた中では広告や人件費に割くお金を減らして成分のためにお金を使える通販のオールワンゲルの方が充実したものが多いと実感しています。

そのため、もうちょっとお金を出してもいいかなと感じている方は『自腹で70個以上比較してわかった本当におすすめのオールインワンゲル』も合わせてご覧下さい。

やっぱり市販品くらい安くてコスパがいいゲルを選びたい方は『コスパで選ぶオールインワンゲル!安い優良プチプラの見分け方とおすすめゲル』がおすすめの記事です。