fbpx

シーク夜用オールインワンゲルの口コミ!買う前必見の全成分や評判

seac シーク オールインワンゲル 夜用

青汁などで有名な世田谷自然食品のオールインワンゲル・シーク夜用が気になっている方のために使ってみた口コミを中心にこの1記事でシークが丸わかりな情報をお届けします。

「健康食品の会社のオールインワンゲルってどうなの?」と感じますが使ってみたり全成分を解析してみるとよく考えて作られていることがわかりました。

シーク夜用が自分に合ったオールインワンゲルなのか知りたい方は必見です!

ゲル母

ゲル母
夜用だけあって結構濃厚なつけ心地だったわ。
ゲル太郎

ゲル太郎
見た目に反してクリームに近い感じだけど、意外な弱点もありました。

タップで読みたい場所へ移動

シーク夜用オールインワンゲルの3つの特徴

seac シーク オールインワンゲル 夜用 特徴
朝夜の使い分けができる
シークはオールインワンには珍しい朝と夜で使い分けをするタイプのゲル。

朝はUVカット、夜は保湿、エイジングケア成分に重点をおいたケアで他のオールインワンにはできないケアを可能にしてくれます。

成分効果を先に見る

お試しが安い
シーク夜用は初回は25gお試しで1,000円で購入できます。朝用とのセットでも2,000円なので比較的お試ししやすい価格が魅力的です。

全成分や安全性を先に見る

肌年齢チェックができるシート付き
朝夜2点お試しセットではお肌の年齢がチェックできるシートがついてきます。これは他のオールインワンゲルにはない取り組みです。

デパートのカウンターまで行くのは面倒だし、営業をされるのは「ちょっと…」と感じている方にはぴったりです。

よくある疑問を先に見る

シークの公式サイトはこちら

シーク夜用オールインワンゲルがおすすめな方

seac シーク オールインワンゲル 夜用 おすすめな方
  1. 朝と夜で使い分けたい方
  2. 大手のものが良い方
  3. 肌年齢が気になる方
  4. そこまで敏感肌ではない方
  5. 優れた成分で選びたい方
  6. 安くお試ししたい方
  7. 冬に使えるゲルを探している方

シーク夜用は保湿、美容成分に優れバランスとの取れた配合でまさに1日の疲れを癒したい夜にぴったりのオールインワンゲルです。

一方で、高分子ポリマーやPEG類など成分面では少し気になる部分もあるので、成分を気にされる方や肌がとても敏感な方にはおすすめできません。

敏感肌の方のために『超敏感肌やアトピーで肌が弱い人も使えるオールインワンゲル5選』をまとめていますので肌が弱い方は合わせてご覧下さい。

また、オリーブ果実油(油性成分)の表記が早い(=多い可能性がある)ので、肌の油分が多めな方は合わない可能性があります。

脂性肌の方は『オールインワンゲルは脂性肌でもOK!肌質に合うゲルの選び方』でおすすめのゲルを紹介しています。

シーク夜用オールインワンゲルを使ってみた口コミレビュー

seac シーク オールインワンゲル 夜用 口コミ レビュー
seac シーク 箱の中身

シークの箱を開封した様子です。

seac シーク オールインワンゲル 朝用 夜用

シークの朝用と夜用です。

seac シーク オールインワンゲル 朝用 夜用 大きさ

シークの大きさをiPhoneSEと比較しました。

ゲル太郎

ゲル太郎
シーク夜用のお試しサイズは25gなので、非常にコンパクト。ジャーを置く容器は他のオールインワンゲルにはないアイテムです。
seac シーク オールインワンゲル 夜用 スパチュラ

シーク夜用のジャーを置くものにスパチュラを立てて置くことができます。

ゲル母

ゲル母
これは今まで色々使ってきたけど初めてね!
seac シーク オールインワンゲル 夜用 テスクチャー ゲルの色

シーク夜用の色は綺麗な乳白色です。

seac シーク オールインワンゲル 夜用 テスクチャー 使用感

シーク夜用のテスクチャーを手の甲で試しました。

ゲル母

ゲル母
手の甲で使う分には見た目に反してサラッと使えるわね。
ゲル太郎

ゲル太郎
高分子系のポリマーが多いからかお肌の上に乗っかっているのがわかるような感じになっているね。
seac シーク オールインワンゲル 夜用 口コミ レビュー

シーク夜用を試すところです。

seac シーク オールインワンゲル 夜用 口コミ レビュー

シーク夜用の使用感をお肌で試しています。

seac シーク オールインワンゲル 夜用 使ってみた

シークを塗る前、後、10分後です。

ゲル母

ゲル母
顔に使うとさっきとは打って変わってしっかりした夜も安心な付け心地になるわね!

  • 手の甲→さっぱり
  • 顔→どっしり

とでも言えばいいのかしら?伸びはもう一歩って感じかしら。

香りはラベンダーみたいなほのかな香りがして心地良いわ。リラックスしたい夜にはいいんじゃないかしら。

ゲル太郎

ゲル太郎
確かにしっかりしている見た目と同じようにちょっとこってり目だね。ジェルとゲルでいうとゲル寄りなテクスチャーかな。

高分子のポリマーが多く含まれているからあまり浸透を感じずつける量が多いとベタつきになると思うから注意だね。

肌年齢チェックシートを使った様子はシーク朝用の記事でお伝えしていますので、合わせてご覧下さい!

シークの公式サイトはこちら

シーク夜用オールインワンゲルの評判!良い口コミ悪い口コミは?

seac シーク オールインワンゲル 夜用 口コミ 悪い

悪い口コミ良い口コミ

38歳ちなみさん

38歳ちなみさん
ベタつかず、潤いを感じる使い心地です!水分と油分のバランスが良いのかなと感じました。「夜に使って朝までしっかり」が意識されている商品だと思います。
54歳さちさん

54歳さちさん
結構こってりしているので、冬向きだと思います。夏はベタついて使いづらいです。
34歳さやかさん

34歳さやかさん
口コミではもっとベタつくと思っていましたが、意外に使いやすくてよかったです。保湿力も満足できるレベルでした。欲を言えば朝夜セットはお試しでない価格だとちょっと高めなので、もう少し安ければといったところです。
25歳みきさん

25歳みきさん
お試しが安かったので買ってみたのですが、ベタついて私には合いませんでした。年齢的に乾燥しやすくなる年代の方に向けた商品なのかなと思います。

ツイッターでの口コミ


ツイッターでのシーク夜用の口コミとしては冬場の乾燥に備えるために使っている方がつぶやかれていました。

インスタでの口コミ

インスタでのシーク夜用の口コミは少なく@コスメのプレゼントキャンペーンで当たった方がいらっしゃるようです。

シーク夜用オールインワンゲルの口コミからわかるメリットデメリット

seac シーク オールインワンゲル 夜用 メリット デメリット
デメリット
  • ベタつく可能性がある
  • 続けるとなると少し高いとの声も
  • 冬向きで夏はベタつく
  • 若い世代の方には向かない可能性
メリット
  • ベタつきは調節可能
  • 油分水分のバランスがいい
  • 十分な保湿感がある
  • 乾燥する季節に向いている

シーク夜用の口コミをまとめると高分子系素材が多いため、ベタつきを感じやすく夏には向かない一方で、保湿感がしっかりしており冬向きだとわかりました。

ベタつくデメリットは重ね塗りなどによってある程度対応ができるので、季節での向き不向きや少し覆われる感じが苦手でない方なら十分検討に値するゲルです。

シークの公式サイトはこちら

シーク夜用オールインワンゲルの評価が丸わかり!15項目○×△でまとめました

seac シーク オールインワンゲル 夜用 評価
保湿成分
セラミド3種類
プロテオグリカン
プラセンタエキス
美容成分
プラセンタエキス
ビタミンC誘導体
ビタミンA誘導体
使いやすさ
ジャータイプ
スパチュラあり
テクスチャー
伸びはまずまず
肌馴染み
高分子素材あり
角質までの
浸透力はまずまず
持続力
良好
使用感
悪くないものの
好みが分かれる
刺激・違和感
特になし
モロモロはでない
乾燥肌
インナードライ
脂性肌
ベタつきが
気になるとの声あり
毛穴・黒ずみ
ビタミンC,A誘導体
ハリ
ビタミンC,A誘導体
プラセンタエキス
美白・シミ
ビタミンC誘導体
プラセンタエキス
ニキビ
ビタミンC誘導体
プラセンタエキス

シーク夜用オールインワンゲルが最安値で買えるのは?販売店を徹底調査

seac シーク オールインワンゲル 夜用 最安値

ドラッグストアや薬局

seac シーク オールインワンゲル 最安値 ドラッグストア 薬局

シーク夜用はドラッグストアや薬局では販売されていませんでした。

楽天、アマゾン、ヤフーショッピング

seac シーク オールインワンゲル 最安値 楽天 アマゾン

シーク夜用は楽天では販売がなく、アマゾンでは2,350円。ヤフーショッピングでは1,080円が最安値でした。

メルカリ

seac シーク オールインワンゲル 最安値 メルカリ

シーク夜用はメルカリでは2,000円ほどでの販売でした。

公式

容量25g
定期
定期の縛りなし
返金保証なし
定期の休止
単品購入(お試し)1,000円(税抜)
1日あたりの価格
(初回/2回〜)36円
1gあたりの価格
(初回/2回〜)43.2円
備考50g(2回目以降)は4,800円(税抜)

シークの最安値は公式の1,000円(税抜)のお試し価格でした。

朝夜2点セットで2,000円なので、朝用と一緒に試したいにも初めて方限定ではありますが、お得なセットになっています。

シークの最安値はこちら

シーク夜用オールインワンゲルの注目成分と効果

seac シーク オールインワンゲル 夜用 成分 効果

ヒト型セラミド

細胞間脂質 セラミド 割合 保湿物質

セラミドは水分保持全体の半分近くをになっています。

セラミドは角層の水分保持の80%を担う細胞間脂質の約半分近くを占める成分なので、保湿にとっては非常に重要な物質です。

いくつか種類がありますが、ヒト型セラミドは質が高いセラミドで動物型、植物型に比べて優秀です。

シーク夜用には

  • セラミドEOP(1)
  • セラミドNP(3)
  • セラミドAP(6)

が含まれています。

セラミドを詳細に知りたい方は『セラミドオールインワンゲルの選び方を1〜10まで徹底解説』も合わせてご覧下さい。

プロテオグリカン

プロテオグリカンはヒアルロン酸の130%もの保水力がある成分として知られています。また、EFG(上皮成長因子)様作用(〜のように働く)成分としても知られています。

以前は高価な成分でしたが、鮭の鼻の軟骨から量産できるようになったことから化粧品に実用化されるようになり、その成果が国から表彰されています。

詳しくは『プロテオグリカン配合オールインワンゲルの選び方とおすすめ5選』でお伝えしていますので、気になる方はご覧下さい。

プラセンタエキス

プラセンタエキスはエイジングケアの代表的な成分で、ビタミン、ミネラル、核酸などお肌に必要な成分を幅広く含んでいるとされています。

プラセンタエキスも詳細は別ページの『プラセンタ配合オールインワンゲルの選び方と60代母のおすすめを紹介』でお伝えしていますので、参考にしてみて下さい。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はテトラへキシルデカン酸アスコルビルと表記される成分のことです。

抗酸化作用があり、コラーゲンの生成をサポートするなど効果が多岐にわたる成分なので、化粧品ではエイジングケア成分として期待されています。

詳細はこちらも『ビタミンC誘導体で選ぶおすすめオールインワンゲル5選と選び方』でお伝えしています。

ビタミンA誘導体

ビタミンA誘導体はレチノイン酸トコフェリルと表記される成分で、ビタミンC誘導体と同じくコラーゲンの生成サポートやハリのサポートが期待されている成分です。

詳細は『レチノール配合オールインワンゲルの騙されない選び方を徹底調査』でお伝えしています。

3つの特徴に戻る

シーク夜用オールインワンゲルの全成分解析と副作用について

seac シーク オールインワンゲル 夜用 全成分 解析 副作用
seac シーク オールインワンゲル 夜用 全成分 解析 副作用

シーク夜用の全成分です。

水、グリセリン、DPG、オリーブ果実油、ジグリセリン、ジメチコンメチルグルセス-10ペンチレングリコールPEG-75水溶性コラーゲン加水分解コラーゲンサクシノイルアテロコラーゲン、ヒアルロン酸Na、水溶性プロテオグリカンプラセンタエキス、セラミドAP、セラミドNP、セラミドEOP、シロイヌナズナエキス、メマツヨイグサ種子エキス、ローヤルゼリーエキス、スクワラン、シア脂、ラベンダー油、アルガニアスピノサ核油、アフリカマンゴノキ核脂、ワサビノキ種子油、水添ココグリセリル、トコフェロール、ベタイン、ソルビトール、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、レチノイン酸トコフェリル、フィトスフィンゴシン、クエン酸、グリチルリチン酸2K、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、オクチルドデカノール、ナイアシンアミド、BGグアイアズレンスルホン酸Naペンテト酸5Na、コレステロール、キサンタンガム、レシチンラウロイルラクチレートNaポリソルベート60、エチルヘキシルグリセリン、カルボマー、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマージメチコンクロスポリマー、ベヘニルアルコール、フェノキシエタノール、水酸化K

こちらがシーク夜用の全成分です。色は化粧品毒性判定事典を参考に濃いオレンジ>オレンジ>黄色の順番となっています。

ただ、判定は極端で界面活性剤やポリマーには一律で厳しい判定になっているので、色付き成分を中心に情報をお届けします。

保湿剤、溶剤、防腐剤

DPG保湿と防腐性の役割。
基本的に低刺激で毒性もないとされる。
量が多いと刺激に感じるケースも。
ペンチレン
グリコール
保湿と防腐性。
パラベンを使わない場合に使われる。
基本的に刺激や毒性の心配はない。
BG保湿と防腐性向上。
基本的に刺激や毒性の心配はない。
表記位置からして植物エキスなどの
溶剤の役割と考えられる。
フェノキシ
エタノール
防腐剤。
基本的に低刺激で毒性の心配もほぼない。
ただ、バリア機能が弱っている場合や、
人によっては刺激に感じることもある。

コラーゲンやプロテオグリカン、プラセンタエキスは界面活性剤やポリマー判定を受けていますが、基本的に毒性、刺激性は心配のない成分です。

また、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(=ビタミンC誘導体)はビタミンCに比べて穏やかな作用になっているものの刺激に感じる方もいます。

ポリマー

ジメチコン代表的なシリコーン。
ベタつきを抑えつつも
滑らかな使用感。
試験が数多くされていて、
刺激性や毒性の心配はほぼない。
メチル
グルセス-10
天然保湿因子に構造が似ている。
そのため、保湿効果がある成分。
刺激性はないとされる。
PEG-75乳化補助目的で配合されることが多い。
構造が大きいので、
肌の刺激にはなりにくい。
カルボマー代表的なポリマー。
刺激性や毒性の心配はほぼない。
(アクリル酸
ヒドロキシ
エチル/
アクリロイル
ジメチル
タウリンNa)
コポリマー
増粘と乳化安定。
手間をかけずに増粘できるので、
コスト減できる特徴がある。
刺激性や毒性については不明である。
ただ、多くの化粧品に使われていることから、
安全性は比較的高いとは考えられる。
(アクリレーツ
/アクリル酸
アルキル
(C10-30))
クロス
ポリマー
撥水性がある増粘剤兼乳化剤。
油性成分の安定に役立つ。
高分子のため、
刺激性はほぼないと考えられる。
ジメチコン
クロス
ポリマー
ジメチコンを同士を連結させたもの。
ダウ社の原料のMSDSでは
皮膚刺激性はないと表記あり。
(出典:https://consumer.dow.com/)

ポリマー(重合体)のPEG(ポリエチレングリコール)のモノマー(単体)であるエチレングリコールは毒性が懸念されおり、原料の品質が低い場合は混入するリスクはゼロではありません。

界面活性剤

水添ココ
グリセリル
非イオン界面活性剤。
ヤシ油の脂肪酸とグリセリンに
水素添加された成分。
エモリエントの役割もあり、
刺激性や毒性の心配はほぼない成分。
レシチン天然由来の界面活性剤。
水添レシチンに比べて不安定な物質。
刺激性や毒性はないとされるものの、
酸化しやすいので不安が残る。
ラウロイル
ラクチレート
Na
陰イオン界面活性剤。
セラミドの原料に一緒に含まれている。
単体での安全データシートはない。
ポリソル
ベート60
非イオン界面活性剤。
刺激性はほぼないとされる。

その他成分

ラベンダー油ラベンダーの精油。抗炎症作用など。
精油は芳香成分を多数含むため、
敏感肌の場合刺激を感じたり、
アレルギー反応が稀にある。
グアイ
アズレン
スルホン酸
Na
抗菌・消炎作用がある。
精油を加工して作られる成分。
旧指定表示成分でごく稀に
アレルギーを引き起こす可能性がある。
粘膜に使用されない化粧品には
100g中0.1gの配合制限がある。
ペンテト酸
5Na
金属イオンに結びつき、
化粧品の安定性を高める役割。
ヒトでの試験も多数されていて、
刺激性や毒性は低い。
ゲル母

ゲル母
結論はどうなのかしら?
ゲル太郎

ゲル太郎
副作用の危険性が高いわけではないけど、精油やPEG類、旧指定表示成分が含まれてるから無添加のものがいいという方や敏感肌の方は別のものを選んだ方が良いね。

オールインワンゲルを無添加で選ぶのは危険な理由と10個の選ぶポイント』で正しい無添加オールインワンゲルの選び方を紹介していますので、合わせてご覧下さい。

3つの特徴に戻る

シーク夜用オールインワンゲルの効果的な使い方

seac シーク オールインワンゲル 夜用 使い方
seac シーク オールインワンゲル 夜用 全成分 解析 容量

シーク夜用の使い方は箱の横にも書かれています。

シーク夜用の使い方は箱の横に簡単にまとめられています。ただ、同封されているA4のシートにはもっと詳しく書かれています。

それがこちらです↓

seac シーク オールインワンゲル 夜用 使い方

シーク夜用の正しい使い方が詳しく書かれています。

シーク夜用の正しい使い方
1.100円玉大を手に取り顔にのせる。

2.顔の中心から外へ、下から上へ持ち上げるように伸ばす。

3.手のひらで包み込み、じっくりと浸透させる。

こちらが正しい使い方です。ポイントは量をしっかり守ること。そしてお肌に負担をかけないように優しくケアすることです。

年齢ケアのために首元やデコルテのケア、乾きやすい口元や目元を重点的にケアすると良いと書かれています。

シーク夜用オールインワンゲルのよくある質問

seac シーク オールインワンゲル 夜用 質問

シーク夜用と朝用の違いは?

明確な違いはUVカットの機能があるかないかです。夜用には不要なUVカット機能はありません。

また朝用と比較してエイジングケア成分や保湿成分の中でも水分保持に重要な役割があるセラミドの種類が多く含まれています。

このことから夜用はお肌をいたわることに重点をおさえて作られていることがわかります。それと比較すると朝はチューブタイプで時短を重視して作られていると言えます。

シークは化粧水など他の化粧品と併用可能?

可能です。乾燥しやすい方は化粧水と併用されるケースが口コミでは多かったです。

シーク夜用だけ使うのはあり?

もちろんありです。ただ、商品として朝用と夜用と分けて作られているのには意味があります。そのため、まずはセットでご自身のお肌で試してみるのがおすすめです。

シーク夜用とちふれのオールインワンゲルではどっちがいい?

シーク夜用が気になっている方の中にはちふれの夜用のオールインワンゲルと比較している方もいるようです。

成分的にはシークの方が良いと思いますが、ちふれのオールインワンゲルの口コミが知りたい方は合わせてご覧下さい。

シーク夜用と他の夜用のおすすめを比較したい

シークの夜用以外にも『夜のスキンケアはオールインワンがおすすめ! めんどくさいを簡単に』で夜におすすめのオールインワンゲルをご紹介していますので合わせてご覧下さい。

3つの特徴に戻る

まとめ

シークの夜用は保湿や美容成分がバランス良く考えて配合されているオールインワンゲルである一方で、高分子ポリマーやPEG類など気になる成分も含まれています。

過度に心配する必要はありませんが、できるだけ無添加のものを選びたいという方は別のものを選びましょう。

気にならない方にとっては十分に優れた成分が含まれているオールインワンゲルなので、選択肢の1つだと思います。